海外での結婚式のメリット

海外で結婚式をするメリットといえば他の人がしないことができるということがすぐに浮かびます。外国というだけで、日本とは異なる景色の中で撮影ができますし、ポストカードに出てくるような観光地を背景にして自分達のウェディングドレス姿の写真を残すことができるのは一生の記念になるものですし、友人に自慢できるような結婚式とすることができます。地域によってはビーチや大自然の中で撮影をすることができたり、現地の伝統的な結婚式と同じものを自分が行ったりすることもできます。

そして、意外なこととして式を行う費用が国内での一般的な挙式よりもリーズナブルにできることが多いです。もちろん、参加人数や地域によっても異なりますが、海外で行うということで参加人数を抑えることができ、自ずと参加者が絞れ小規模の式となるために費用が抑えられるのです。

式の打ち合わせについても旅行者やウェディング会社が持っている挙式プランに申し込みをして挙式準備を進めるので、基本は国内にある代行会社との打ち合わせになります。そのため英語が話せる必要もないですし、自分で現地とのやりとりも必要ありません。式がコンパクトにできることで打ち合わせ回数も一般的な結婚式よりも少ないですし、自分達での作成物も少なくてすみ手間も最小限で済ませることができます。

 

海外での結婚式の準備

海外での結婚式をしたいと思った場合、まずは国や式のタイプ出席者の数といった大体のイメージを固めていきます。予算の範囲内で希望する式場が見つかりそうであれば、その式場の結婚式プランを持つ代行会社に問い合わせをして資料請求をします。もちろん、国は決められても具体的なイメージがわかなかったり海外ということ以外決められないという場合でも代行会社に行くことでイメージを具体化することも一つの方法です。

ある程度結婚式を行う国や出席者、費用というものの見積もりができたら契約を結ぶ前に両家の両親に相談をしておくことが重要です。海外挙式は件数こそ増えているもののまだまだ新しい式の方法です。有名企業で役職についている人や、家柄や土地柄といったことによっては海外挙式ではなく国内での結婚式をするよう両親から反対されることもあるためです。

また、海外となると招待できる人数に限りがあり親族全員に声をかけることも難しいので、事前に親族へのアナウンス方法も相談しておくべきです。新郎新婦だけで新婚旅行を兼ねて海外挙式を二人だけで行った後、日本でもう一度一般的な結婚式と披露宴をするというケースもあります。家庭の状況や家族のニーズに応じて海外挙式の可否や行い方も変わってきますし、後から取りやめというのは避けたいものですから両親と相談してしっかり話し合いが済んだ上で式の準備に取り掛かるべきです。